柴田マタニティクリニック

トピックス

子宮頚がん予防ワクチンについて

「がんの予防ワクチン」が、日本でも、ついに発売になりました。 これは、'16型'、'18型'という、特に若い女性の子宮頚がんの原因となっている「HPV(ヒト パピローマウイルス)」の感染をブロックするワクチンです。
 子宮がんに感染していなければ(細胞疹Ⅲa以下)、どの年代の女性にも効果があるといわれていますので、10歳以上、40代の女性でも可能です。
 6か月間に3回注射を打つと、一生、免疫力がつき、子宮頚がんを予防できるといわれています。 もちろん、ワクチンで100%がんを予防できるわけではなく、その効果は 70%ぐらいですので、その後の検診は必要です。  当院では、初回、1か月後、6か月後の、計3回の接種を行っています(1回 16,000円、診察代および、注射手技料含みます)。

生活習慣病・その他のチェック

ピル外来

 ピルには、女性ホルモン含有量の多い「高容量」「中容量」と呼ばれるピルと、副作用を軽減するためにホルモン含有量を少なくした低用量ピル(OC:Oral Contraceptives)があります。
 現在は、ホルモン含有量の少ないOC(低用量ピル)が主流になっています。

OC(低用量ピル)のメリット

 1)正しく服用すれば、ほぼ100%避妊ができます
 2)月経周期が、規則正しくなります(月経不順の改善)
 3)月経困難症(月経痛)が、改善されます
 4)月経過多症が改善されます
 5)月経量が少なくなり、貧血が改善されます
 6)ニキビが改善されます
 7)卵巣がん、子宮体がんの発症を抑えられます(長期服用)

OC(低用量ピル)のデメリット

小さな副作用
 1)吐き気   2)胸がはる   3)頭痛   4)むくみや体重増加  などがありますが、服用開始後3カ月以内に、おさまります。
大きな副作用
 1)血栓症   2)心筋梗塞   3)脳卒中  などのリスクが少し高くなるといわれています。 強い胸の痛み、激しい頭痛、ふくらはぎの痛みなどの症状が出たときには、服用を中止してください。
 また、たばこを吸うと、血管が収縮して、血栓症のリスクがさらに高まりますので、35歳以上で、1日15本以上たばこを吸う人には、処方できません。

緊急避難用ピル

 いわゆる「モーニング アフター ピル」といわれるもので、コンドームが破損した場合などに、服用して避妊します。
 中容量ピルを直ちに2錠、12時間以内に2錠服用します。
 ただし、成功率はそれほど高くなく、性交後72時間以内で70%くらいといわれています。

ピル外来




ピル外来




ピル外来

戻る



 柴田マタニティクリニック  〒300-0037 茨城県 土浦市 桜町 4丁目13-20  TEL:029-821-0154  FAX:029-821-1709


Copyright © 2013 Shibata Maternity Clinic. All Rights Reserved.