柴田マタニティクリニック

婦人科

婦人科一般検診

 婦人科を訪れる多くの方は、月経異常やおりもの、腹痛、子宮筋腫、子宮内膜症、 あるいは、癌の心配、性感染症の心配、子供がなかなか出来ない、または、予期せず出来てしまったなど、いろいろな悩みを持って来られます。
 当クリニックでは、親切にご相談に応じ、検査をし、その結果を丁寧にご説明いたします。

婦人科一般検診

がん検診

乳がん検診

 日本では、20人に1人が、乳がんにかかるといわれ、しかも、最近は増加傾向にあります。 早期(Ⅰ期、しこりが2cm以下で、転移がないもの)に発見すれば、90%が治る病気です。
 月に1回位は、自分で触診(自己検診)する習慣をつけることが大切です。 ただし、しこり=乳がんでは、ありませんので、万が一、しこりが触れても、決して悲観する必要はありません。 もともとの乳腺組織であったり、表面がつるつるして、クルンクルンよく動くものは、良性の可能性があります。 しかし、しこりらしきものを触れたら、1度、相談にいらしてください。
 当院では、視触診、乳房超音波検査を組み合わせて、検診いたします。 大抵は、これで、異常の有無が分かります。 細胞疹、組織診、MRI、マンモグラフィーなどの、より精密な検査が必要な場合には、信頼できる専門医療機関をご紹介いたします。

子宮がん検診

 子宮頸がんと子宮体がんがあります。まずは、それぞれに細胞疹を行います。 必要があれば、コルポスコープをつかって、組織診をおこない、診断いたします。
 市町村が発行する子宮がん検診票を持参されれば、無料で、行えます。

卵巣がん検診

 卵巣腫瘍は、ほとんどが、良性ですが、なかには、悪性のものもありますので、注意が必要です。 触診、超音波検査、腫瘍マーカー検査を組み合わせて、診断します。

がん検診




がん検診




がん検診

ピル外来

ピル

 ピルには、女性ホルモン含有量の多い「高容量」「中容量」と呼ばれるピルと、副作用を軽減するためにホルモン含有量を少なくした低用量ピル(OC:Oral Contraceptives)があります。
 現在は、ホルモン含有量の少ないOC(低用量ピル)が主流になっています。

OC(低用量ピル)のメリット

 1)正しく服用すれば、ほぼ100%避妊ができます
 2)月経周期が、規則正しくなります(月経不順の改善)
 3)月経困難症(月経痛)が、改善されます
 4)月経過多症が改善されます
 5)月経量が少なくなり、貧血が改善されます
 6)ニキビが改善されます
 7)卵巣がん、子宮体がんの発症を抑えられます(長期服用)

OC(低用量ピル)のデメリット

小さな副作用
 1)吐き気   2)胸がはる   3)頭痛   4)むくみや体重増加  などがありますが、服用開始後3カ月以内に、おさまります。
大きな副作用
 1)血栓症   2)心筋梗塞   3)脳卒中  などのリスクが少し高くなるといわれています。 強い胸の痛み、激しい頭痛、ふくらはぎの痛みなどの症状が出たときには、服用を中止してください。
 また、たばこを吸うと、血管が収縮して、血栓症のリスクがさらに高まりますので、35歳以上で、1日15本以上たばこを吸う人には、処方できません。

緊急避難用ピル

 いわゆる「モーニング アフター ピル」といわれるもので、コンドームが破損した場合などに、服用して避妊します。
 中容量ピルを直ちに2錠、12時間以内に2錠服用します。
 ただし、成功率はそれほど高くなく、性交後72時間以内で70%くらいといわれています。

ピル外来




ピル外来




ピル外来

戻る



 柴田マタニティクリニック  〒300-0037 茨城県 土浦市 桜町 4丁目13-20  TEL:029-821-0154  FAX:029-821-1709


Copyright © 2013 Shibata Maternity Clinic. All Rights Reserved.